とかちABCプロジェクト

文部科学省地域イノベーション戦略支援プログラム(都市エリア型)(発展) 食の機能性・安全性に関する高度な技術開発とその事業化によるアグリ・バイオクラスターの形成

活動報告

イベント・出展


【開催】「平成23年度 ABCフォーラムinとかち」を開催しました。

2011-5-26

    

    

平成23年5月26日、下記のとおり「平成23年度 ABCフォーラムinとかち」を開催しました。

日時:平成23年5月26日(木)
    13:20〜17:10 (交流会 17:30〜)
場所:ホテル日航ノースランド帯広
    2F ノースランドホール
主催:公益財団法人とかち財団、国立大学法人帯広畜産大学、北海道、帯広市

 基調講演は、「食材の臨床試験とその拠点づくり」と題して、北海道情報大学 医療情報学科 教授 西平 順氏に、また、特別講演では、「食卓をめぐる問題とそのありか」と題して、公立はこだて未来大学 教授・メタ学習センター センター長 美馬 のゆり氏に、ご講演いただきました。
 また、本事業の取り組みの紹介として、機能性研究グループからは、「十勝産の機能性素材で『とかち元気食』を開発しよう!」と題して発表しました。
 さらに安全性研究グループからは、「十勝農産物の安心・安全を宣言しよう!」と題して発表しました。
 まとめには、ABCプロジェクトの事業化戦略である『とかち元気食構想』についてご紹介しました。

 交流会では、「ほっかいどうバイオクラスター・トライアングル」(札幌・函館・十勝の各地域)の成功事例・パネル展示を行い、フォーラム来場者の方々に活動概要や成果品を興味深くご覧いただきました。

 会場には、帯広市民の方々をはじめ、管内企業や大学などの教育機関・公立機関から、計160名のご参加をいただき、盛況なフォーラムとなりました。
 ご参加いただいた皆様、開催にあたりご協力を賜りました方々に改めて御礼申し上げます。そして、今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

× このページを閉じます