Loading...

公益財団法人とかち財団

とかち財団は、十勝にイノベーションを引き起こす産業振興のプラットフォームです。事業の立ち上げ、商品開発、企業間コラボレーションなど、あなたのビジョンを実現するためのあらゆるステップに力を尽くします。

Tel.0155-38-8808お電話番号
(0155)
38-8808
Webからのお問い合わせWebからのお問い合わせはこちらから
SNSSNSでも最新情報を更新中しています!
Youtube Facebook

TOPICS

トピックス

297

帯広畜産大学と連携協定を締結しました

「帯広畜産大学」と「とかち財団」との連携協定締結について


公益財団法人とかち財団と帯広畜産大学は、産業振興を通じた北海道十勝地域の活性化に向けて、令和6年4月18日に連携協力に関する協定を締結しました。



国立大学法人北海道国立大学機構 帯広畜産大学
1941年に帯広高等獣医学校として設立後、1949年に新制大学として帯広畜産大学が設置。北海道農業の発展を支え、十勝の基幹産業である畜産、酪農、畑作にも大きく寄与。日本の食料生産の中心地として「生産から消費まで」一貫した環境が揃う十勝に位置する大学として、生命、食料、環境をテーマに、農学、畜産科学、獣医学に関する教育研究を推進する国立大学。
2022年、農学,商学,工学を担う国立大学の結束と産学官金の強力な連携により、北海道経済・産業の発展と国際社会の繁栄に貢献することを目標に、帯広畜産大学、小樽商科大学、北見工業大学の3大学経営統合による国立大学法人北海道国立大学機構が発足。
「知の創造と実践によって実学の学風を発展させ,『食を支え,くらしを守る』人材の育成を通じて,地域及び国際社会に貢献すること。」をミッションに新たな時代を担う農学系人材を育成・輩出している。



この協定により、両者は相互に連携・協力し、研究開発や技術支援による産業振興を推進するとともに、人材育成、産学官金連携活動など包括的に連携した取り組みの実施により、北海道十勝地域の経済の発展に寄与していきます。



連携協定締結式


開催日・場所
 令和6年4月18日㈭ 帯広畜産大学本部棟


出席者
 帯広畜産大学 学長 長澤 秀行 氏他
 とかち財団 理事長 金山 紀久 他