Loading...

十勝Z団(トカチゼットダン)

SNSSNSでも最新情報を更新中しています!
Youtube Facebook

カテゴリ

レポート

とかち・イノベーション・プログラム(TIP)2018【第4期】とは

十勝での新事業創造を目指す参加者が、5ヶ月に渡るセッションを通して仲間を見つけ出し、事業プラン発表までを支援するプログラム。2015年に第1期が実施され、今年で4期目。第3期までに打ち出された28件の事業構想の内、7つの事業が会社設立※に至っている。

※2018年6月11日時点

  • 期間:2018年7月~11月
  • 参加者:十勝の経営者、個人事業主、起業希望者など、総勢81名
  • 主催:帯広信用金庫
  • 共催:北洋銀行、北海道銀行、北海道⼆⼗⼀世紀総合研究所、道銀地域総合研究所、⼗勝19市町村
  • 協力:野村総合研究所、とかち財団
  • プログラム内容(全9回)
  1. キックオフセッション
  2. チームビルディングセッション
  3. 事業創発セッション①
  4. 事業創発セッション②
  5. 革新者※刺激セッション①(北海道胆振東部地震の影響により中止)
  6. 革新者刺激セッション②
  7. ブラッシュアップセッション①
  8. ブラッシュアップセッション②
  9. 事業化支援セッション

※革新者:革新的な事業モデルを展開している、全国各地の実力者。

事業化支援セッション

11月15日に実施されたTIP【第4期】最終回となる「事業化支援セッション」のレポートをお届けします!

プレゼンテーション本番の今回、会場となった北海道ホテルのホールには、173名が集まりました。過去最多の参加者が見守る中、第4期から誕生した10チームが満を持して発表します。各チームの持ち時間は7分間。120日間に及ぶ本プログラムの集大成が、その限られた時間に詰め込まれ、「事業開始宣言」となるのです。

緊張感と高揚感が入り混じる中、いよいよ始まりました!

本プログラムの主催者、帯広信用金庫の高橋理事長により開会の挨拶が行われます。

続いて、米沢帯広市長から“本セッションへの期待”が語られました。

本プログラムをリードした野村総合研究所の水石さんは、本セッションを迎えるまでの日々を振り返ります。

「保育サービスなどの新たな試みも盛り込まれた今期。葛藤を繰り返した濃密な時間から、十勝の未来をつくる“0から1”が生まれました。本日お越しいただいた皆様には、十勝における新規事業の持続的創出を実現すべく、“失敗を恐れずに挑戦する文化・土壌”へのご協力をお願いしたいと思います。それでは、各チームのプレゼンテーションをお楽しみください!」

FANTERs’

チーム名:またぎぃず / チームメンバー:高野沙月さん、岡田昭彦さん

高野さん「野生鳥獣による農林業被害は深刻です。被害額は全国で172億円。十勝だけでも46億円といわれています。その一方で、高齢化が進むハンター人口は、右肩下がりの状況です」。

ハンターと全国の「応援者」をつなげます

高野さん「私たちは、ハンター育成・応援プラットフォーム『FANTERs’』を立ち上げ、3つのWEBコンテンツを運用・情報発信します。1つ目のコンテンツでは、登録ハンターのパーソナルな情報を発信します。2つ目は、狩猟シーンや狩猟場の動画配信を行い、“狩猟現場のリアル”を伝えるコンテンツです。3つ目は、ジビエ(野生鳥獣肉)レシピやハンターになる方法をまとめた、読み物系のコンテンツとなります」。

高野さん「ハンターを“応援したい”ユーザー(=応援者)は、『FANTERs’』を通して、登録ハンターへの金銭的支援ができます。支援を行うと、ジビエなどの返礼品が届く仕組みです。また、応援者からの支援の一部は、『FANTERs’』の運営や新米ハンターのサポートに活用します」。

●サポーター 進藤さん(セッション推進チーム)のコメント
「高野さんご自身、猟銃を手にして2年ほどのハンターです。それまでは、東京都内でデザイナーをされていました。ECサイトの運営ノウハウを持つ岡田さんが、高野さんの思いに共感してチームが組まれ、今日の発表に至りました。」

十勝白樺産業構想

チーム名:Team 天然 / チームメンバー:岡田五十鈴さん、池田美奈子さん、嶋中康祐さん、庄田ゆきえさん

小鳥のさえずり(BGM)からスタートした、Team 天然のプレゼンテーション。会場の空気が和らぎます。

岡田さん「白い木肌が美しい白樺。十勝を訪れる観光客は、“白樺のある景観”を目的のひとつにしているそうです。他方で、年間1,000本以上伐採される白樺には、チップ以外の利用価値が無いと考えられているのです」。

十勝に白樺産業を育成します

岡田さん「白樺は生育が早く、樹液から樹皮まで活用できる有用な資源です。私たちは、アレルギー症状の軽減・美肌効果などが期待できる白樺樹液を使ったワークショップや、白樺樹皮で作る商品の開発・販売、“白樺オーナー制度”を通し、自然に寄り添うライフスタイルを提案します」。

岡田さん「白樺細工が盛んなロシアや北欧でさえ職人が減少している昨今、私たちの事業の柱が軌道に乗った段階で、十勝に『白樺研究所』や『自然体験ハウス』を設立します。この取り組みが、十勝の白樺産業を長期に渡って育成する礎になると考えています」。

●サポーター 中田さん(帯広市)のコメント
「とても真面目な4名が、“世の中に大きなインパクトを与えたい”という思いでチームを組みました。4名全員がこれまで個人で活動されてきたこともあり、現実的な課題もありましたが、それらを乗り越え、今日の発表に至りました」。

自分にあった「働き」をつくる地域滞在型職業訓練プログラム

チーム名:High!チーズ / チームメンバー:寺尾智也さん、上田麻衣さん、佐々木圭一さん、西村剛さん、原田和弥さん、古内孝明さん

佐々木さん「日本のひきこもりは54万人。十勝では、およそ1,600人がひきこもっていると考えられます。自分の世界に閉じこもることで創造性を発揮する“内向的な人の力”に可能性を感じた私たちは、ひきこもりを“コモリスト”と呼び、本事業を構想しました」。

ひきこもりに合った「働き」をつくります

佐々木さん「私たちは、元コモリストなどが集まった“コモリストのプロ集団”です。そんな私たちだからこそ、“職場に個人の特性を合わせる”あるいは“職場が個人の特性に合わせる”といった従来の発想を転換し、コモリスト達が自分らしく活躍できる“働き”を創出できると考えています。十勝のものづくり事業者と提携し、コモリストの職業訓練から雇用までを、一貫サポートします」。

佐々木さん「本事業では、コモリストに対し、起業支援、イベント事業、障害者雇用の運営、業種・地域を拡大して活動する機会などを提供します。まずは、チーズ職人であるメンバーのノウハウを生かし、チーズの製造・販売を通した教育プログラムの開発から始めます」。

●サポーター 高橋さん(とかち財団)のコメント
高橋さん「メンバー全員、リーダーが務まるようなチームでした。思いが重なった部分が、しっかりと事業アイデアに反映されました。十勝のものづくり事業者のお役にも立てる構想だと思います」。

次回も引き続き、参加者による事業プレゼンテーションの模様をお届けします!


レポート ニュース インタビュー ランキング コラム

ランキング

ランキング一覧